売買や贈与による不動産の名義変更では、申請の際に添付書類の提出を求められます。

印鑑証明書については、名義変更の際に、権利を失う方の印鑑証明書の提出を求められることを説明しました。

また、贈与や売買の場合は、権利を取得する方の住民票の提出が求められます。

これは、不動産登記簿に権利を取得する方の名前、住所を記載する際に、不動産の権利を取得する方の住所が正しい住所かどうかを確認するために用いられます。

これにより、不動産登記簿を見ることにより、この不動産の持ち主に連絡をする場合は、不動産登記簿に記載された住所に連絡をすればよいと判断できます。

なお、不動産の所有者の住所が引っ越しなどで変わった場合は、所有者の住所変更の登記を申請する必要があります。

この申請をするときも、住民票を提出する必要があり、この住民票に記載されている前住所地と新しい住所地を確認して、不動産登記簿上に記載されている住所地を新しい住所地に書き換えてよいかどうかが法務局で確認されます。

次回は、外国にいる日本人の場合の印鑑証明書、住民票について述べていきます。

――――――――――――――――――――――― 
司法書士行政書士 芝公園法務事務所
東京都港区芝大門1-16-9 神明ビル201
(港区・板橋・品川/JR浜松町駅・地下鉄大門駅すぐ)
相談ダイヤル:0120-554-559
―――――――――――――――――――――――