司法書士事務所では、多くの相続手続きに関する依頼があります。そこで、今回は相続手続きのうちよく利用される遺産分割協議について説明させて頂きます。

ご家族の誰かがお亡くなりになると、相続が開始します。この相続の開始によってお亡くなりになった方が持っている財産や負債が、全て相続人に移転します。

相続人が取得する財産の割合ですが、もしお亡くなりになった方が遺言書を書いていれば、その遺言書の割合が優先します。遺言書がない場合は、相続人同士の話し合いで割合を決めるか、法律の定めに従って相続人が取得する割合を決めることになります。

このようにして相続人の取得する財産の割合が決まった後、その割合に従って相続財産を分配したり、名義変更を行うことになります。次回は、相続手続きでとてもよく利用される遺産分割協議について詳しく説明します。

――――――――――――――――――――――― 
司法書士行政書士 芝公園法務事務所
東京都港区芝大門1-16-9 神明ビル201
(港区・板橋・品川/JR浜松町駅・地下鉄大門駅すぐ)
相談ダイヤル:0120-554-559
―――――――――――――――――――――――