相続手続きをするにあたり、まず初めに調べないといけないポイントは、「相続人の確定」と「相続割合」です。

まず初めは、相続の「第一順位」と呼ばれる子供がいるケースを説明します。

例えばなくなった方が結婚をしており、子供がいる場合は、夫、妻などの配偶者と子供が相続人になります。このときの相続割合は配偶者が2分の1、残りは子供たちが均等に分けます。

もし、配偶者が先に亡くなっており、子供たちだけがいるときは、子供たちだけが相続人になり、各子供たちが均等に相続分を取得します。

これが子供がいるときの、相続の「第一順位」のルールになります。

では、配偶者はいるが子供がいない場合はどうでしょうか?また配偶者も子供もいない場合はどうでしょうか?これは「代襲相続」のルールで判断することになります。

次回はこのあたりを説明します。

――――――――――――――――――――――― 
司法書士行政書士 芝公園法務事務所
東京都港区芝大門1-16-9 神明ビル201
(港区・板橋・品川/JR浜松町駅・地下鉄大門駅すぐ)
相談ダイヤル:0120-554-559
―――――――――――――――――――――――